TOP > 取扱商品 > 機械工具関係 > にくる

無線操作式回転誘導装置にくる

使用イメージ

用途

工事工程
躯体工事
商品分類
機械工具関係

タワークレーンの巻き上げワイヤのねじれ復元力を反力として、クレーンオペレーターが吊り荷の回転誘導を操作します。

特長

  • バッテリー充電器内蔵
  • 吊り荷の向きの誘導・ロック可能
  • 遠隔操作

仕様

定格荷重(ton) 20(10×2P)
旋回時間 約20秒/90°
旋回トルク(kg・m) 160(瞬時最大200/ロック解除時の旋回摩擦トルクは1.5以下)
補給電源(V) AC100(充電器内蔵)
操作装置 デジタル簡易無線局登録、到達距離見通し約1000m
自重(kg) 430

タワークレーンフック寸法確認事項

CADデータ及びA~Fの寸法が分かる図面をお送りください。

注意事項

  • 風の影響による吊り荷の回転は制御出来ません。
  • タワークレーン以外のクレーンには使用出来ません。
  • 横倒し厳禁のためフォークリフトでの移動禁止。
  • 事前に勘合の打ち合わせが必要です。
  • タワークレーンの機種により反力受ドームとシャックルの仕様変更がございます。